「人生最良の日」

茨城県郊外の小さなガソリンスタンドで、経営者の男性の遺体が見つかり、現場から現金が持ち出される事件が発生した。その頃、都内で危険ドラッグの摘発に協力していた右京と享は、大金を隠し持った挙動不審な中年女性(床嶋佳子)を見かけ、尾行することに。一方、伊丹をはじめとする捜査一課の面々は、ホテルで若い女性の変死体が発見された事件を捜査していた。バッグから大量の覚せい剤が見つかり、女は麻薬の売人と思われた。警察は、殺人の可能性も視野にいれ、現場から消えた男の行方を追う。しかし、姿をくらませた男・四宮(湯江健幸)は、暴力団関係者に拉致され、押収されてしまった覚せい剤の穴埋めをしろと脅迫されていた。

右京と享が追う中年女性は何者なのか?麻薬がらみの変死事件の真相は?茨城と東京で起きたふたつの事件が、思わぬ形で繋がっていく!

===================================================

ゲスト:床嶋佳子 湯江健幸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


相棒を愛する人へ